エクセル形式の見積書 編集・CSV変換ソフトウェアのダウンロード

メーカーや協力会社から受集した「エクセルで作られた見積書」を読込み利用することにより、見積業務の大幅な時間短縮を図ることができます。しかし、データの受渡し用ではなく、印刷したときの体裁を優先した「エクセル形式の見積書」は、読込むことができなかったり、そのまま読込んでも使い物にならないことが多く、その修正に大きな手間が掛かってしまいます。 「エクセル形式の見積書 編集・CSV変換ソフトウェア」の優れた編集機能により、「エクセル形式の見積書」を最少の労力で電子データとして活用できます。

エクセル形式の見積書 編集・CSV変換ソフトウェアのダウンロード

プログラムの特徴

  • さまざまな表記の見積書鑑部分、見積条件、見積総括表、見積内訳明細に対応できます。
  • 1つの物件が複数のワークシートに分かれて表記されている見積書であっても取り込みできます。
  • 1つの物件が複数のエクセルファイルに分割された見積書であっても取り込みできます。
  • 行種解析機能、フィルター機能のほか、語句の加算や置換、行の結合や分離、空白処理など、解りやすく体系化されたコマンドにより、素早い編集ができます。
  • 画面の大きさや、使われる方の好みに合わせて、フォント名、フォントサイズ、行間隔、表示色、文字の括りなど、表示のプロパティーを細やかに設定できます。
  • 使い易いCSV形式のファイルを書出しますので、弊社「Tetra21」以外の見積作成プログラムでも、種々のCSVファイルをインポートする機能が備わっていればお使いいただけます。
エクセル形式の見積書 編集・CSV変換ソフトウェア画面

Efeecsによるデータ変換イメージ

CSV変換データイメージ

メジャーバージョンアップ (Version2.00) で追加された新しい機能

上部書出し側見積書

  • 上部書出し側明細から下部編集側明細へのドラッグ&ドロップによる明細行の戻し機能
  • 工事項目作成および工事項目削除機能 (工事名称リストによる選択入力が可能)
  • ドラッグ&ドロップによる工事階層入替え機能
  • ツリービューで工事階層を指定して、合計金額を表示する機能
  • ドラッグ&ドロップされた各行の金額や工種合計の計算が間違っている場合、色替(警告)機能
  • 整合ボタンにより、間違っている金額欄を自動修正する機能

下部編集側見積書

  • 行種指定による行の一括選択機能 (コメント行の一括選択や、複数の行種選択も可能)
  • 選択した項目を別の列に移動、入替、複写する機能の拡張 (移動元と移動先を自由に指定できる)
  • セル内の分離機能の拡張 (分離元、分離先が指定できる)
  • セル内の結合機能の拡張 (結合元、結合先、先頭、末尾が指定できる)
  • 名称・仕様列を分離する機能の強化(1つ目、2つ目、最後、最大の空白、および改行で分離に対応)
  • 一つのセル内で改行されている文字列を複数行に分ける機能(文書行として)
  • 同上置換え機能の拡張 (スペースを跨ぐ数1、2、および末尾の文字列だけ残してコピーする機能)
  • 列の追加機能と項目表示の入替え機能 (扱えるデータ列を13→15に拡張)
  • 工事行自動判別において、除外したい工事を指定できる機能(例:保温工事を工事行と判別しない)
  • 読込んだEXCELの見積書に多くのワークシートがある(書式が同じ)場合にマージする機能
  • 下部見積書を雛形として使うための、ドラッグ&ドロップ時に移動ではなく、コピーする機能(工種名リストや小計行・中計行・合計行のほか、簡易部材マスターとしても使える)

表示、その他

  • メニューバー、コマンドボタン、ポップアップメニューの機能と名称の見直し
  • コマンドボタンの色替え (素早いボタン選択が可能)
  • ソフトウェア名を Efeecs に変更
  • 新しいEXCELのファイル(4文字拡張子)に対応

Version1.12で追加された機能

  • 編集作業を中断して作業状態が保存できる ( 編集作業を途中で止めたいとき )
  • 作業状態を保存したファイルから編集作業に復帰できる ( 中断した続きから作業を始めたい )
  • 左上隅セルでの全選択/全解除 ( Excelと同じように左上隅をクリックで全選択/全解除をしたい )
  • 名称・仕様の文字列編集 ( Tetra21以外の見積ソフトなどで利用したい )
    • 名称を仕様の先頭に結合する
    • 仕様を名称の末尾に結合する
    • 名称を仕様に移動する
    • 仕様を名称に移動する
    • 名称と仕様を入換る
  • 見積条件行の前後の空白行の処理 ( Tetra21でインポートして使うときの操作簡略化 )
  • マウス右ボタン、ポップアップメニューの改良 ( マウス右ボタンを多用して操作したい )
  • 検索機能と置換機能 ( 任意の語句を検索・選択し、置き換えたい(例:品番・型番の変更など) )
  • セル内の編集機能 ( ダブルクリックで、編集ウィンドウを表示。編集中の見積書の不足部分を補ったり、発見した誤りをその場で修正 )
  • 同上置換の改良 ( 内訳明細行中の「〃」「々」「同上」について、単純な語句の置換えだけでなく、「連続語句」や「文字間スペース」の処理を創意工夫することにより、参照元と同一の表現の自動置換が可能になりました )

不具合の修正

  • 大型物件でツリー構造が大きい場合に、Excel側ツリーにスクロールバーを表示するようにしました
  • Excel側/CSV側のリスト表示で、行サイズを極端に大きくしてもアイコンを正しく表示するようにしました
  • 明細項目の設定で、オプション2がONに表示されるのを修正しました
  • アクセラレータキーの重複を修正しました